国際交流パーティー#002

国際交流パーティー、第2回目です。
それでは、早速いってみます。

■場所 
六本木 パラディ東京
http://r.gnavi.co.jp/gc4f600/
200人弱が入れるくらいの広さかな?
 クラブハウスのような雰囲気もありますが
 パーティー会場という表現が一番近いかな。

■日時
2013/01/12 19:00~

■料金
 男性:\2,500
 女性:\2,000
 予約で1,000円オフ、ドリンクはキャッシュオンで1杯500円
 1000円で飲み放題。
 (例えば、予約した男性で飲み放題にした場合は2,500円)
 予約の場合はチケットを提示する必要あり。
 スナック菓子あり。

■客層

 20代~30代中心で100~150人ぐらい。

 日本人男性:70%
 日本人女性:5%
 外国人男性:25%
 外国人女性:0%

 外国人男性は若めの人が多かったです。

■web site
 http://www.tokyoparty.org/party.php?p=roppongiparty

■その他・感想

 さぁ勇気を出して国際交流パーティ2回目です。
 六本木だし、まぁおしゃれな感じでとっても入りづらかったです。
 入ると前回同様、開始直後はまだ人は少なくて
 壁際に人がよってる感じでした。

 外国人も初めは少なく、とりあえず日本人に話かけることに
 日本語で話しかけると、相手は「えっ!?何で日本語で話すの?」
 みたいなテンションで「僕は今日英語しか話しませんから」
 みたいな事を言われ。
 「あぁそうですか。。。」と思って
 彼が飲み物を取りに行くときに、その場を離れたら
 その数分後、彼は別の日本人に話しかけられ
 思いっきり日本語で話をしていた。。。「どないやねん!」

 と思いつつ、まぁ確かに日本人と日本語でばかり話すのも
 負け犬っちゃぁ、負け犬かななんて思い。

 そんなわだかまりを抱えつつ
 別の日本人の方に話しかけ
 日本語で返答してくれる彼に、ほっとしてしまう僕。。。
 
 彼と一緒に外国人に話しかけてみましょう!ということで
 白人の方に話しかけました、
 彼はフランスから来ていてフランス語を教えているといっていました。
 すごく、もてそうな感じなのに、彼女いないのかな?と思って聞いてみると
 最近、日本人の彼女と別れたばかりで一人でいると暗くなるから
 パーティに来てみたといっていました。
 
 ん~すぐに新しい彼女ができることでしょう。

 一頻り初対面の常套会話をしたところで
 彼はちょっとたばこ吸ってくるよと言って
 席を離れました。

 こういったパーティーで話題に困った時の常套手段は
 「ドリンクのおかわりをもらってくる」
 「トイレにいってくる」
 「たばこ吸ってくる」
 「ちょっと携帯で連絡してくる」
 とかいって席をはずして、いつの間にか別の人と話してる
 というのがよくあります。
 
 気まずくなったら使ってみてください。

 話を戻して、会場には外人のイケテルメンズが沢山いましたが
 なんとなくイケテルメンズには声かけづらいオーラが漂っていて
 中々声をかけられず。。。取り合えずその夜に話した外人は
 フランス人の方一人という結果でした。。。
 
p.s.

>主催者の皆様へ
 私は基本的に国際交流の機会を与えて下さる皆様のことを尊敬しております
 この記事によってマイナスのイメージが与えられる可能性がございますが
 この記事は批判などをする目的ではなく、その逆で応援する(国際交流パーティを盛り上げる)目的で
 書いておりますのでどうぞご理解下さい。

>読者の皆様へ
 読者の皆様におかれましては、私のたった一回の経験に惑わされることなく
 この記事はただの参考として、実際に国際交流パーティに足を運んで自らで体験して何かをつかんで下さい。
 何しろ私は国際交流パーティに行きたいけど二の足を踏んでいる皆様のためにこの記事を書いております。
 また、このようなパーティでは勧誘・ナンパ等を目的として来られるかたもいらっしゃいます。
 特に女性の場合は知り合いの方と2人以上で参加するなど自分の身を守る準備をして下さい。
 僕の場合はナンパはされたことありませんが(笑)
 勧誘は結構あります。ただし、危ない目やトラブルに巻き込まれたことはないので
 そういった意味ではそれほど警戒せずに参加しても問題はないかなと思います。
 あくまで、どれだけオープンにふるまうか、どれだけハメをはずすかは自己責任でお願いいたします。
[PR]

# by bbex51346 | 2013-03-31 08:52 | 英語

国際交流パーティー#001

英語ブログの第1弾目は国際交流パーティーについて
書いてみようと思います!

といっても国際交流パーティーはこういうもので・・・見たいなことではなく
主に体験日記となっております。
国際交流パーティーってどんなん?とか、行ってみたいけどなかなか勇気が出なくて。。。
といったかたの参考にしていただければなと思います!

最近の私は切羽詰っておりますので
兎に角、英語がしゃべれるorしゃべらなければいけない環境に
身をおこうということで、国際交流パーティーにも結構行っておりますので
10数回くらいの体験記は書く予定です。
稚拙な文でございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは早速、第1回目です。

■場所 
新宿 Tokyo Loose
http://www.tokyoloose.com/shop.html
正確な広さは分かりませんが、100人弱が入れるくらいの広さ。
 クラブハウスでR&B,HIP-HOPが流れていました。
 音楽が大きめで、若干話が聞き取れない時がありました。

■日時
2013/01/05 18:30~

■料金
 男性:\3,500
 女性:\3,000
 パーティー中は飲み放題、終了後はキャッシュオンで1杯500円でした。
 (私の記憶では)食事は提供されていなかったように思います。

■客層

 正確にはわかりませんが、見た感じでは以下の様な感じでした。

 20代~30代中心で30~40人ぐらい。

 日本人男性:50%
 日本人女性:30%
 外国人男性:20%
 外国人女性:0%

■web site
 http://www.world-friend.com/j/index.htm

■その他・感想

 初めての国際交流パーティーということでかなり緊張しました。
 
 会場に入るとまだそれほど人が入っておらず
 皆さん壁際に座ってそれぞれ数人で話しているという状況でした。
 
 一人で行った私は、いきなり外人に話しかける勇気などなく
 辺りを見回して、私と同じように一人で来ている日本人を探しました。
 丁度同年代くらいの人(日本人男性)が一人でたたずんでいたので思い切って
 話しかけてみました。
 
 話してみると色々共通点もあって、
 彼のおかげで一人で気まずかった部分が解消されたので
 非常に助かりました。
 
 程なくして、折角来たんだから外人と話さなきゃね!ということになり
 近くにいたAfricanに声をかけてみました。
 
 彼はナイジェリアから来ていて今はSEとして日本で働いていると言っていました。
 何やら、会場となっているクラブのオーナーと知り合いらしく
 オーナーもナイジェリア出身だと言っていました。
 
 片言の英語で他愛のない話を少ししつつ
 彼の友達のこれまたナイジェリア人を紹介され
 いきなり“What's up G?”といわれ
 えっ!?G?Gってなに?とか思ってたら
 “ただの挨拶だよ、ほらWhat's up G?っていいてみな”
 見たいなこと言われ。

 私が“What's up G?”というと“そうだ。だうだ。”みたいな感じで 
 陽気なおっちゃんでした。
 
 後でGの意味を調べるとGangのGということらしいです。
 でも彼は怖い人ではなく、彼に職業を聞いても答えてくれなかったので
 冗談で“薬でも売ってるの?”と聞いたら
 ちょっと怒った様子で“そんなこと言うもんじゃないぞ”とたしなめられました。
 すみません:P

 そのあとはまた、別の日本人の方と話をしたりして
 22時くらいに会場を後にしました。
 
p.s.

>主催者の皆様へ
 私は基本的に国際交流の機会を与えて下さる皆様のことを尊敬しております
 この記事によってマイナスのイメージが与えられる可能性がございますが
 この記事は批判などをする目的ではなく、その逆で応援する(国際交流パーティを盛り上げる)目的で
 書いておりますのでどうぞご理解下さい。

>読者の皆様へ
 読者の皆様におかれましては、私のたった一回の経験に惑わされることなく
 この記事はただの参考として、実際に国際交流パーティに足を運んで自らで体験して何かをつかんで下さい。
 何しろ私は国際交流パーティに行きたいけど二の足を踏んでいる皆様のためにこの記事を書いております。
 また、このようなパーティでは勧誘・ナンパ等を目的として来られるかたもいらっしゃいます。
 特に女性の場合は知り合いの方と2人以上で参加するなど自分の身を守る準備をして下さい。
 僕の場合はナンパはされたことありませんが(笑)
 勧誘は結構あります。ただし、危ない目やトラブルに巻き込まれたことはないので
 そういった意味ではそれほど警戒せずに参加しても問題はないかなと思います。
 あくまで、どれだけオープンにふるまうか、どれだけハメをはずすかは自己責任でお願いいたします。
[PR]

# by bbex51346 | 2013-03-23 11:04 | 英語

英語がんばります!

アメリカで働くことを目標として、これから半年ほどを目途に英語学習中心のブログにしていきます!

英語を勉強中の皆様に少しでもお役に立てればと思っております。

なぜ、半年かというと
僕の働いている会社でアメリカで2年間くらい働きたい人を募集しており
現在、応募→選考中です。

その結果が、あと半年もせず決まります。
高校生まで小さな島で生活していて
その頃は自分に海外で働くチャンスが来るなんて微塵も思っておりませんでしたが
手が届きそうなところに来ているので後半年気合入れてがんばります!
英語漬けの日々にしていきます。

それでは、よろしくお願いします!
[PR]

# by bbex51346 | 2013-03-08 22:11 | 英語

フレームファースト、メインファースト

意思を伝えることについてです。

フレーム=背景、経緯
メイン=本題、結論、真意

フレームファースト、メインファーストとは
フレームを先に話すか
メインを先に話すかということ。

多くの場合、アジア系はフレームファースト
西洋系はメインファーストのようです。たぶん。

特に日本はわびさびの世界ですからね。
「みなまで言うな」みたいな。
「察してください」みたいな。

直接言いたくないみたいな文化な訳です。

でもビジネスの世界では常にメインファーストを求められる気がします。
[PR]

# by bbex51346 | 2013-02-16 14:44 | self-development

エベレスト理論

【エベレスト理論】-エベレストに上ると決め、準備をしている人にとって富士山に登ることは簡単だが、富士山を最終目標にしている人がエベレストに上れることは決してない。

ごく普通の公立中学の生徒を独自の方法で陸上日本一に幾度も導いたカリスマ指導者の原田隆史氏が提唱している理論。


確かに、ごもっともの理論です。少し上の目標設定をすることで実際の目標が達成しやすくなるかもね。
僕もtoeic800点以上を目指してますが、900点目指して勉強してみます。
[PR]

# by bbex51346 | 2013-02-16 14:13 | self-development